読書コミュニティ "ブクナビサロン"

名古屋にあるブクナビサロンPassion Portの公式ブログ。 本に纏わる話題やツールの紹介、書評を書いていきます。 相互RSSの提携も募集しています。 webサイト http://www.book-navi.net/

    タグ:読書会

    わかっちゃいるけど本を読めない。
    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!
    「日本で一番ユルい読書会」改め、「俺たちの読書会」です。


    今回ファシリテーターはカルナックが務めさせていただきました。

    今回の課題本は京セラを創業し、JALを復活させた名経営者稲盛氏の『成功の要諦』。
    推薦したお二方が欠席するというアクシデントに見舞われましたが、たぶん今までで一番ゆるくて濃い時間になったように思います(笑)

    成功の要諦
    稲盛和夫
    致知出版社
    2014-11-25



    講義録といってよく、非常に読みやすい内容になっています。
    硬い語り口が好きな方にはかえって物足りないかもしれません。

    何かを始めるのであれば、やはり成功したいもの。
    人間の飽くなき欲求です。しかし、筆者は「自分自身のエゴを源にして出た思いだった場合には、一時的な成功はしても永続的な成功はしない」と説きます。

    そこでまずひとつめの論題は…。

    1.自分にとっての成功とは?

    この問いは「人生の目的」や「自分の好きなこと」を問うのに近いのかもしれません。
    生まれ育った環境は受動的なものですが、今置かれている環境を形作っていくのは自分自身においてほかにありません。

    自分は「事業を続けていくこと」。このことが宿命です。

    まつさんは「楽して儲ける」。…究極ですね!!

    次に。

    2.そのために何に取り組んでいきますか?

    自分はエネルギー事業に関わる新規事業を立ち上げること。
    まつさんは今あるもの以外の仕事の柱を作る。

    実はふたりとも現状に行き詰まりを感じている点では似ているように思いました。
    事態が好転すれば笑って振り返ることもできるでしょうが、その真っ只中にあってはつらいものですね。
    だからこそ、こうした先人の教えを読んで自問しながら前へ進んでいくことが大切だと思いました。

    こうしたテーマではこんな本も参考になるのかもしれません。







    次回は3月10日(火)です。
    読書会メンバーは随時募集しています。気軽にご参加くださいね!!

    課題本は決まり次第、ご連絡します♪

    2014年10月7日 19:00〜
     
    課題本 : マツダミヒロ著 しつもん仕事術 第一章・第二章



     
    しつもん仕事術
    松田充弘
    日経BP社
    2012-06-07





    「何によって憶えられたいか?」はドラッカーの金言ですが、

    「しつもん」から始まるコミニュケーションとは何か。

    どんなしつもんが相手の発想を心地よく導くのか。

    課題本では多くの事例とワークを元に分かりやすく解説しています。
     
     
     

    ファシリテーター : てつぽん
    参加者 : ペン子、カルナック、マツ、Yas、イトー(敬称略)



    ビジネスアウトプット読書会改め、

    「俺たちの読書会」第一回目は6名の参加で開催されました。




    俺たちの読書会では趣味嗜好、

    得手不得手に左右されず、

    また本を読む習慣の有無を問わず、



    「月1冊ぐらいは読んでみよう」



    「みんなで読めば怖くない」



    「読書が苦手な俺たちのための読書会」



    というコンセプトで立ち上げられました。





    大切なのはその1冊を手にとり何を考えるのか、

    それを参加者でシェアし学び、

    気づきを得て「どんな行動をするのか」。


    インプットよりもアウトプットを重視しよう。




    そのため課題本の読了は問いません。


    極端な話、


    課題本を読まずに参加して、


    読んだ人からのシェアを得る



    という読書会では考えられない暴挙もありあり、

    本末転倒な心意気を設けてあります笑

    自分で読まなかったとしても、

    参加することに意義がある。


    読書会から得られるものがあれば、

    それが読書のきっかけになればいいよね、と。





    そんなキックオフの結果・・・






     

    全員未読参加(((( ;゚д゚)))








     

    まさかの、まさかの事態に


    進行役として初回から心を折られそうになりました・・・。
     

     



     

    進行はお題を2人組のグループで15分話し合い、その後全体で発表。

    それをメンバーを変え3セット行いました。お題は以下です。

     

    ①(課題本を読んで)一番気に入った所はどこですか?
     

    ②(実在の是非問わず)◯◯にどんな質問をしてみたいですか?
     

    ③著者が一番伝えたいことはどんなことですか?明日から実践することは?


     

    グループディスカッションスタートです。


    最初は初対面同士の緊張した面持ちでしたが、徐々に話しが盛り上がります。
     

    そしてグループ発表ではこんなことが話し合われました。
     

     

    ①自分たちの共通点はなんだろう? → 共通する話題が会話を活性化させる
     自分自身を満たす → 質問者自身のコンディションも大切
     

    ②クリエイターの発想のもとは? → 溢れ出るのではなく、絞り出す
     

    ③実践すること → (しつもんの質を意識して)会話をする
            → 拡大質問と特定質問を使い分けてしつもんをする


     

    終止和やかで賑やかなムードの中、多様な意見や話題に溢れ、

    それぞれのチームの発表はどれも刺激的で楽しく、
     

    終わった頃にはメンバー皆が共通の話題(課題本)について

    自由に話し合い楽しむことが出来ました。



     

    次回は11月11日(毎月第二火曜)の開催です。
    読書会のファシリテーター(司会進行)は次回も引き続き私てつぽんが務めさせて頂きます。


    そして次回課題本は



    「竹中式 イノベーション仕事術 竹中平蔵著」


    全12章(235ページ)の内、各自読みたい章を6つ選んで読んでくること。

    次回はどんなアウトプットが飛び出すのか、今からとても楽しみです。







     
     

    以上第一回目のレポート・議事録となりますが、

    最後に一つメンバーに小一時間ずつ問い正したい質問があります。


     

    なんで読んでこなかったのさ?ヽ(#`Д´)ノ


     

    俺たちの読書会は第一回目にして早くも


    日本で一番ユルい読書会


    の方向で固まってきたようです(´∀`*)



    普段なかなか本を読めない、

    わかっちゃいるけど読むのはしんどいという名古屋の皆さん、

    私たちと一緒にゆるく楽しく読んでみませんか?(*・ω・)ノ




    レポート by てつぽん

     

    ビジネスアウトプット読書会 開催決定!!

    第一回 10月7日 19:00~21:00
    課題本 : マツダミヒロ「しつもん仕事術」一章、二章。

    ファシリテーター 井上哲次

    ※毎月第1火曜日開催予定。
    ※ファシリテーターは回ごとに決める。

    ≪内容≫
    1.事前に読んだ課題本をもとに全体及びチームでディスカッションします。 比較的読みやすいテキストを選んでいきますので、気軽に参加することができます。
    2. 課題テキスト及び当日のディスカッションから、今後のアウトプットについて発表します。

    ≪目標≫
    課題テキスト及び当日のディスカッションから各参加者が実践するアウトプットを創出、共通言語としての学びの場を活用し、参加者同士との交流を深めていきます。

    ≪開催場所≫
    名古屋市熱田区桜田町21番地8
    シェアスペース Passion Port
    ※シェアオフィス「俺の仕事場」と読書コミュニティ「ブクナビ」で構成されています。

    ≪参加する≫
    こちらからお申し込みください。

    http://kokucheese.com/event/index/218273/

    http://everevo.com/event/15987

    ≪注意事項≫
    建設的な議論と友好的な進行のため、次の行為は禁止とします。

    • 他者の否定(人格否定)や誹謗中傷、職位や性別・年齢に起因するハラスメント行為
    • 個人攻撃につながる質問・論争
    • 一人が長く話す事、専門用語の多発
    • 参加者への直接的な営業活動
    • 会の進行中は敬語禁止・ニックネームで呼び合う
    • 本人承諾なしのSNSでのタグ付け
    • その他進行の妨げになる行為や他者への迷惑行為

    このページのトップヘ