読書コミュニティ "ブクナビサロン"

名古屋にあるブクナビサロンPassion Portの公式ブログ。 本に纏わる話題やツールの紹介、書評を書いていきます。 相互RSSの提携も募集しています。 webサイト http://www.book-navi.net/

    カテゴリ: ビジネス書

    わかっちゃいるけど本を読めない。
    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!
    「日本で一番ユルい読書会」改め、「俺たちの読書会」です。


    今回ファシリテーターはカルナックが務めさせていただきました。

    今回の課題本は京セラを創業し、JALを復活させた名経営者稲盛氏の『成功の要諦』。
    推薦したお二方が欠席するというアクシデントに見舞われましたが、たぶん今までで一番ゆるくて濃い時間になったように思います(笑)

    成功の要諦
    稲盛和夫
    致知出版社
    2014-11-25



    講義録といってよく、非常に読みやすい内容になっています。
    硬い語り口が好きな方にはかえって物足りないかもしれません。

    何かを始めるのであれば、やはり成功したいもの。
    人間の飽くなき欲求です。しかし、筆者は「自分自身のエゴを源にして出た思いだった場合には、一時的な成功はしても永続的な成功はしない」と説きます。

    そこでまずひとつめの論題は…。

    1.自分にとっての成功とは?

    この問いは「人生の目的」や「自分の好きなこと」を問うのに近いのかもしれません。
    生まれ育った環境は受動的なものですが、今置かれている環境を形作っていくのは自分自身においてほかにありません。

    自分は「事業を続けていくこと」。このことが宿命です。

    まつさんは「楽して儲ける」。…究極ですね!!

    次に。

    2.そのために何に取り組んでいきますか?

    自分はエネルギー事業に関わる新規事業を立ち上げること。
    まつさんは今あるもの以外の仕事の柱を作る。

    実はふたりとも現状に行き詰まりを感じている点では似ているように思いました。
    事態が好転すれば笑って振り返ることもできるでしょうが、その真っ只中にあってはつらいものですね。
    だからこそ、こうした先人の教えを読んで自問しながら前へ進んでいくことが大切だと思いました。

    こうしたテーマではこんな本も参考になるのかもしれません。







    次回は3月10日(火)です。
    読書会メンバーは随時募集しています。気軽にご参加くださいね!!

    課題本は決まり次第、ご連絡します♪

    『新世代努力論』   イケダハヤト著


    「努力すれば報われる。頑張れば夢が叶う。
    そういう古い考え方は、もうやめませんか。
    そんな甘い考えが許されるほど、日本は豊かではありません。」

    所謂、80年代以降の若者の救世主的存在である著者から
    古き良き時代を謳歌していた「恵まれた世代」への忠告だ。

    だが、これは耳が痛かろうが、頭がぐるぐるしようが、
    イライラ腹立たしかろうが読んでおくべきだと読後痛感した。

    【下層ノマド】【テクノロジー失業】【努力はスキル】と表題を並べ立ててみると、

    まるで宇宙人語に聞こえるかもしれない上に

    努力に意味などない」「努力とは英語を話すのと同じスキルだ」と言われると

    最早世代の違いをはるかに超えて異星人にしか感じないかも知れない。


    だが良く考えれば、彼の意見は一理ある事に思い当たる。

    グローバリゼーションの影響で外国人労働者は圧倒的に増え、
    インターネットの普及で仕事自体が国境を超えた。

    そしてソレが日本の若年層の居場所を奪って、
    低賃金・低生活コストの地に追いやっているのだ。

    テクノロジー失業も然り。

    人は何もせずとも自動運転車で安全に目的地に運ばれ、
    無人の家を掃除機が掃除してくれる。

    便利この上ない社会に進化しているように見えているが、

    その裏側では労働者はどんどん仕事を機械に奪われているのが

    「進化する社会」だとすると、個人の努力が報われる確率は極めて低い。

    しかし著者は、現社会を全否定しているのではない。

    価値観の大幅変化に応じて意識も、考え方も努力の仕方も変え、

    自他ともに社会を取り巻く現実を的確に認識した上で、

    生産的に人生を送る事を提唱している。

    つまり、かつては圧倒的な成長を誇っていた日本経済は今や縮小化の一途。

    当時のオペレーティング・システムを無理に維持しようと躍起になるのではなく、

    現実に向かい、新しい仕組みに考え直さないといけない。

    著者流の言葉を借りれば、価値観のアップデートと

    日本社会のオペレーティングシステムのバージョンアップを図る。
    これが新世代の道であり、恵まれた世代が気付くべき急所なのだ。

    そして世代を超えて理解し易い納得の言葉もプレゼンしている。

    ☆純粋に没頭できることをし、楽しんだ結果として、成功が待っている。

    ☆適切に努力していく為には自分の認知性を理解する必要がある。

    非常に効率的で無駄のない、極めてロジカルな「人生指南書」だと思う。
    要するに時代も時流も不変である筈がない。

    当然ながらそこに生き、活きる人間の思考も嗜好も行動も変わって然るべきだ。
    ならばそれ相応の適切なスキルを都度身に着けて、

    来る時流に巧く乗っかる事が賢明なのだろう。



    この本を読んで、ふと松尾芭蕉を思い出した。

    ≪草野とも住替る代ぞひなの家≫

    時代は常に新しい住人と共に生きて動いているのだ。






    今ではサイバーエージェント社長藤田晋氏は多くの人に知られている。
    自分はライブドアを使い続けているが(汗)、ブログと言えばアメーバというくらいメジャーになった。

    しかし、起業して上場して、その後のメディア事業を育てていくという成長戦略はどのように実現していくのか。起業してから持続可能な会社にしていく苦しみを本書では率直な言葉で綴られている。
    訥々とした語り口、平易な文章なので万人向けということなのかもしれない。

    読んでみて改めて感じたのは、インターネット関連事業と、自分の携わるオフラインに根差した生活関連サービス事業とは経営層の考え方も、企業風土もあまりに違うということ。
    会社の在り方も大きく変容しているのを感じた。

    内容が濃いかというとやや疑問だが、経営者の言葉としていくぶんなりとも参考になる本だと思う。

    起業家
    藤田 晋
    幻冬舎
    2013-04-12


    このページのトップヘ