読書コミュニティ "ブクナビサロン"

名古屋にあるブクナビサロンPassion Portの公式ブログ。 本に纏わる話題やツールの紹介、書評を書いていきます。 相互RSSの提携も募集しています。 webサイト http://www.book-navi.net/

  • Twitter
  • RSS

    わかっちゃいるけど本を読めない。

    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!

     
    「日本で一番ユルい読書会」改め、
    「俺たちの読書会」第二回は元金融担当大臣の竹中平蔵氏を課題本に「明日からのイノベーション」について語り合ってみました。

    レポートは前回に続きテツポンがお送りします。


    2014年11月11日 19:00〜
    課題本 : 竹中平蔵 著 竹中式 イノベーション仕事術






    竹中平蔵氏は小泉内閣時代経済財政政策担当大臣・金融大臣などを担った方ですが、小泉元総理の懐刀として金融再生プログラム、郵政民営化など様々な経済改革を着手しました。
    政策の賛否是非はともかくとして聖域なき構造改革を断行し、経済成長に達したリーダーの在り方は我々若輩が学ぶべき点は多いと思います。


    さて前回多数決により本著が課題本に決定しましたが、そもそもイノベーションってなんでしょう?


    イノベーション、イノベーター、インベーダー、イン・・・。

    なんとなく聞き覚えのあるフレーズですが、言葉の意味は価値観の変化、革新とあります。

    イノベーション(innovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術の発明と誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。


    なんのこっちゃというきもしますが、例えばイノベーションの実例として、織田信長・長篠の戦いでの「火縄銃三段撃ち」なんていうのは合戦の常識を覆したと言われます。
    これはイノベーションの実例と言っていいんじゃないでしょうか、いや、いーだろう!と何故か強く感じたりしますが、近年は何と言ってもiPhone。


    「スマホ」という三種の神器の最強のアイテムはiPhoneが作ったと言ってもいいでしょう。
    その前史にはPDA、もちろん携帯電話はすでに世に浸透しきっていました。
    またiPod以前にはwalkmanがありました。
    そしてパソコン。
     
    単にそれらの機能統合した商品を販売しただけの話ではなく、全ての人々の手の中に世界に繋がる入り口をつくることを目的にiPhoneを作りました。
    そしてその結果、iPhone以前とiPhone後では世の中の価値観が大きく変わることになりました。
     
     
    今では誰でも簡単に写真や映像を楽しめることができるんだ、そうiPhoneならね(・`ω・)



    他にもIT関係でGoogleとかYouTubeとか様々な実例が浮かびますが、個人的には雪見だいふくに一票。
    これこそまさにイノベーションの賜物と思うのはぼくだけでしょうか?


    余談が過ぎましたが、この価値観の変化こそが「イノベーション」。新しいものを作っただけなら「発明」です。
     
     
    本著ではイノベーションを生むノウハウではなく、「自分自身をセルフ・イノベーションする」。
    そんな強いメッセージを背景にそれぞれ「プロデュース力」「結合力」「徹底力」など12の章で構成されています。
    働くこと、そして労働で成果を求めることは永遠のテーマですが、漫然とではなく仕事術として視点を絞って向き合う。
    その一歩のための一冊として良書だと感じます。





    さて今回の読書会は以下のメンバーで開催されました。

    ファシリテーター : てつぽん
    参加者 : カルナック、マツ、Yas、イトー(敬称略)




    今回も15分ごとのグループディスカッション、全体での発表。
    これらを4つのテーマ・お題で4セット行いました。



    お題は以下です。




    ①(課題本を読んで)一番気に入った所はどこですか?

    ②あなたのB to B (Back to Basic)はなんですか?

    ③あなたにとってのイノベーションってなんだろう?

    ④(課題本を読んで)明日から実践してみることは?


    グループディスカッションスタートです。

    各班のディスカッションも個性があらわれます。
    熱血系チームからは「表へ出ろ」などと物騒な言葉が飛び出しますが、普段そんな部下・後輩に疲れきっているのだろうチームは何やらこそこそ、票の取りまとめや談合じみた話し合いが・・・。


    しかし前回は「誰も課題本を読んでこない読書会」だったことに対し、今回は読了者1名、全体でも半分以上読み込んで来たとのことで、ディスカッションも白熱しています。


    こんなところにもイノベーションの風が(´ω`。)
     

    聞こえてくるキーワードには「近江商人」があったり、「プロデュース」があったり、それぞれが求めるものが話し合われているようです。


    そして全体ではこんなことが発表されました。

     

    ① 洞察力(第6章)→ 関わる社会、それぞれの立場の目線から全体を見通す

    ② 探究心 → 良いものを作りたい、という欲求が基本(Basic)

    ③ 既成概念の外 → これでいいのか?と疑うことがイノベーション

    ④ (相手の目線を)読んで先に進む → 自分から接し方や考えを変えることで、相手の変化のキッカケになるような人間関係構築

    自分自身のプロデュース → 目標を立て基本を大切に、ビジネスプラン、将来設計を立てる



    第一回目の前回よりも今回はディスカッションを楽しんでいるように感じました。
    一冊のテキストも読み手が変われば、その読み方も発想も十人十色。
    多様な意見の中でそれぞれが「明日から何をするか」。
     
    今回も楽しみながら向き合うことが出来たように思います。




    さて次回は12月9日(毎月第二火曜)の開催です。

     
    課題本は仕事術シリーズ第三弾。
    実践的なビジネス書を多数書かれている小倉広氏の著書から「33歳からの仕事のルール」に決定しました。








    仕事のルール、と言っても実はその多くは先輩上司からの影響など、それぞれの環境で独自に身につけてきたことが多いかと思います。
    それは逆にその環境外の仕事の考え方に疎くなったり、他との違いに戸惑ったりすることもあります。
     
    今までの仕事の仕方は大切にしたとして、これからの仕事の仕方を見つめ直すきっかけとヒントは、きっと次回の読書会に♪


    そして次回ファシリテーターは、てつぽんからYasに変わります。
    どんな進行になるのか楽しみです!




    俺たちの読書会はメンバー大募集中です。
    ルールは簡単。課題本を読んで(・・・読まずとも)持参して毎月第二火曜に集まるだけ。
    そして毎月「実践すること」を決めるだけ。
    今のところ課題本は主にビジネス書を中心で、自分以外の人と意見、アイディアを聞いて話せることが醍醐味です。
    読書嫌いの方も読書好きの方も、ビジネスリーダーもビジネスビギナーも。
    色々な立場のみんなで盛り上がっていけたらと思います。
     
    ぜひぜひ一緒に本読んで自分自身をイノベーションしましょー!!


    お問い合わせは当ブログコンタクトまで。








    詩情豊かな作品を好む自分からすると、ずいぶん破天荒な作風にまずはびっくりした。

    本作は新人作家武田久生氏の処女作で、「月光町ブルース」と「ホラ吹き松吉」の2作品から構成される。
    会話文には豊富な知識が投入され、世界観により厚みを与えている印象。
    「ホラ吹き松吉」ではいくつかの視点の中に「ユウ坊」の存在が大きくなっているが、そうした視点に作者の経験や思いが投影されているのだろう。
    アジア諸国を放浪したことがあるという作者ならではの奇想天外な展開は、読者をも不思議の国へ旅立たせてくれるはず。

    献本ありがとうございました。


    月光町ブルース
    武田久生
    リトル・ガリヴァー社
    2013-10-31

    "すべての本棚を図書館に"をコンセプトとする「リブライズ」と連携しました。
    このシステムを使用して、本の貸し借りをしていきます。
    献本を随時受け付けております。
    不要になった本、心優しい方の献本をお待ちしています。

    https://librize.com/book-navi

    ▽利用者の方へ
    https://librize.com/ja/help

    なお、現在のところ限定OPENの状態です。
    開店状況はhttp://パッションポート.com/をご覧いただくか、直接お問い合わせください。

    2014年10月7日 19:00〜
     
    課題本 : マツダミヒロ著 しつもん仕事術 第一章・第二章



     
    しつもん仕事術
    松田充弘
    日経BP社
    2012-06-07





    「何によって憶えられたいか?」はドラッカーの金言ですが、

    「しつもん」から始まるコミニュケーションとは何か。

    どんなしつもんが相手の発想を心地よく導くのか。

    課題本では多くの事例とワークを元に分かりやすく解説しています。
     
     
     

    ファシリテーター : てつぽん
    参加者 : ペン子、カルナック、マツ、Yas、イトー(敬称略)



    ビジネスアウトプット読書会改め、

    「俺たちの読書会」第一回目は6名の参加で開催されました。




    俺たちの読書会では趣味嗜好、

    得手不得手に左右されず、

    また本を読む習慣の有無を問わず、



    「月1冊ぐらいは読んでみよう」



    「みんなで読めば怖くない」



    「読書が苦手な俺たちのための読書会」



    というコンセプトで立ち上げられました。





    大切なのはその1冊を手にとり何を考えるのか、

    それを参加者でシェアし学び、

    気づきを得て「どんな行動をするのか」。


    インプットよりもアウトプットを重視しよう。




    そのため課題本の読了は問いません。


    極端な話、


    課題本を読まずに参加して、


    読んだ人からのシェアを得る



    という読書会では考えられない暴挙もありあり、

    本末転倒な心意気を設けてあります笑

    自分で読まなかったとしても、

    参加することに意義がある。


    読書会から得られるものがあれば、

    それが読書のきっかけになればいいよね、と。





    そんなキックオフの結果・・・






     

    全員未読参加(((( ;゚д゚)))








     

    まさかの、まさかの事態に


    進行役として初回から心を折られそうになりました・・・。
     

     



     

    進行はお題を2人組のグループで15分話し合い、その後全体で発表。

    それをメンバーを変え3セット行いました。お題は以下です。

     

    ①(課題本を読んで)一番気に入った所はどこですか?
     

    ②(実在の是非問わず)◯◯にどんな質問をしてみたいですか?
     

    ③著者が一番伝えたいことはどんなことですか?明日から実践することは?


     

    グループディスカッションスタートです。


    最初は初対面同士の緊張した面持ちでしたが、徐々に話しが盛り上がります。
     

    そしてグループ発表ではこんなことが話し合われました。
     

     

    ①自分たちの共通点はなんだろう? → 共通する話題が会話を活性化させる
     自分自身を満たす → 質問者自身のコンディションも大切
     

    ②クリエイターの発想のもとは? → 溢れ出るのではなく、絞り出す
     

    ③実践すること → (しつもんの質を意識して)会話をする
            → 拡大質問と特定質問を使い分けてしつもんをする


     

    終止和やかで賑やかなムードの中、多様な意見や話題に溢れ、

    それぞれのチームの発表はどれも刺激的で楽しく、
     

    終わった頃にはメンバー皆が共通の話題(課題本)について

    自由に話し合い楽しむことが出来ました。



     

    次回は11月11日(毎月第二火曜)の開催です。
    読書会のファシリテーター(司会進行)は次回も引き続き私てつぽんが務めさせて頂きます。


    そして次回課題本は



    「竹中式 イノベーション仕事術 竹中平蔵著」


    全12章(235ページ)の内、各自読みたい章を6つ選んで読んでくること。

    次回はどんなアウトプットが飛び出すのか、今からとても楽しみです。







     
     

    以上第一回目のレポート・議事録となりますが、

    最後に一つメンバーに小一時間ずつ問い正したい質問があります。


     

    なんで読んでこなかったのさ?ヽ(#`Д´)ノ


     

    俺たちの読書会は第一回目にして早くも


    日本で一番ユルい読書会


    の方向で固まってきたようです(´∀`*)



    普段なかなか本を読めない、

    わかっちゃいるけど読むのはしんどいという名古屋の皆さん、

    私たちと一緒にゆるく楽しく読んでみませんか?(*・ω・)ノ




    レポート by てつぽん

     

    このページのトップヘ