読書コミュニティ "ブクナビサロン"

名古屋にあるブクナビサロンPassion Portの公式ブログ。 本に纏わる話題やツールの紹介、書評を書いていきます。 相互RSSの提携も募集しています。 webサイト http://www.book-navi.net/

  • Twitter
  • RSS

    わかっちゃいるけど本を読めない。
    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!
    「日本で一番ユルい読書会」改め、「俺たちの読書会」です。


    ファシリテーター:カルナック
    参加者:まつ・Yas (敬称略)

    まさかの雪が舞う中の開催となりました。

    「俺たちの読書会」第6弾は『男は一生、好きなことをやれ!』(里中李生著)。




    選書理由のひとつにはファシリテーターである私(カルナック)が人生の転機ごとに「自分の好きなことをやっているか」と問われたことがある。
    第1章第1節はずばり「今の仕事は好きか?」だ。
    自分は正直わからない。

    社会人になってからは家業とその周辺分野をひたすらやってきたが、決して得意分野ではない。なるほど、嫌いではないし、好きと言えるくらいに馴染んでいるが、苦手であることにはちがいない。自分の土俵、と呼ぶにはさらに精進しなければならないだろう。
    本当に好きなことをやっていた大学時代の研究とはまるで畑違いだが、「苦手なことを頑張るな」という本書の思し召しどおりにはいかない。

    今回の参加者マツさん、Yasさんにも訊いてみた。
    それとともに結局は身の上話に花を咲かせることになったのだが…。

    印象に残った言葉として、マツさんは「それでも一発を狙えるか」、Yasさんは「必ず自分できっかけをつかむ」を選んだ。

    人生のターニングポイントとして筆者は30歳と50歳を挙げる。
    ピッタリではないにせよ、結婚・出産・転職・子供の独り立ちなど様々な局面を迎えるはずである。

    その時々、どのような気持ちで臨めばよいのか、少なからず示唆に富んだ本だったと思う。

    次回は精度の高いディスカッションに期待したい(笑)。

    次回の開催予定は4月14日(火)です。
    気軽に参加してください☆

    わかっちゃいるけど本を読めない。
    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!
    「日本で一番ユルい読書会」改め、「俺たちの読書会」です。


    今回ファシリテーターはカルナックが務めさせていただきました。

    今回の課題本は京セラを創業し、JALを復活させた名経営者稲盛氏の『成功の要諦』。
    推薦したお二方が欠席するというアクシデントに見舞われましたが、たぶん今までで一番ゆるくて濃い時間になったように思います(笑)

    成功の要諦
    稲盛和夫
    致知出版社
    2014-11-25



    講義録といってよく、非常に読みやすい内容になっています。
    硬い語り口が好きな方にはかえって物足りないかもしれません。

    何かを始めるのであれば、やはり成功したいもの。
    人間の飽くなき欲求です。しかし、筆者は「自分自身のエゴを源にして出た思いだった場合には、一時的な成功はしても永続的な成功はしない」と説きます。

    そこでまずひとつめの論題は…。

    1.自分にとっての成功とは?

    この問いは「人生の目的」や「自分の好きなこと」を問うのに近いのかもしれません。
    生まれ育った環境は受動的なものですが、今置かれている環境を形作っていくのは自分自身においてほかにありません。

    自分は「事業を続けていくこと」。このことが宿命です。

    まつさんは「楽して儲ける」。…究極ですね!!

    次に。

    2.そのために何に取り組んでいきますか?

    自分はエネルギー事業に関わる新規事業を立ち上げること。
    まつさんは今あるもの以外の仕事の柱を作る。

    実はふたりとも現状に行き詰まりを感じている点では似ているように思いました。
    事態が好転すれば笑って振り返ることもできるでしょうが、その真っ只中にあってはつらいものですね。
    だからこそ、こうした先人の教えを読んで自問しながら前へ進んでいくことが大切だと思いました。

    こうしたテーマではこんな本も参考になるのかもしれません。







    次回は3月10日(火)です。
    読書会メンバーは随時募集しています。気軽にご参加くださいね!!

    課題本は決まり次第、ご連絡します♪

    わかっちゃいるけど本を読めない。

    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!

    「日本で一番ユルい読書会」改め、「俺たちの読書会」です。



    今回、ファシリテーターをつとめさせていただきました、「まつ」です。


    気がつけば「俺たちの読書会」も第4回。

    今回は千田琢哉さん著書の

    「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く

    ボクのインプット&アウトプット法」という課題本でした。






    わたくしは仕事では一応はクリエイティブな事をしているため、

    色んな知識がいっぱい欲しい!という私欲のため、

    前回のファシリテーターyasが何冊か候補を挙げた中から、

    この本を独断で決めさせていただきました(。・ω・。)


    今回の読書会参加者は

    ファシリテーター : まつ

    参加者 : カルナック、yas、てつぽん     



    最初に言いますけど、この本を読んで、

    1日に10冊の本を読み、3日で1冊の本を書けるようには、

    (まだ)なっていません。


    この本は著者の千田さんの考え方のフィードバック本です。

    千田さんがどうゆう考え方をしているのか、というのが、

    5つのチャプターで50の項目に分けて書かれています。


    ハッキリ言って、読みやすい本です。

    普段わたくしは本を読むと睡魔という悪魔に襲われるパターンが多いのですが、

    サクッと読めました。


    さて、読書会ではこの本でみんなでワイワイ議論をしまして…。


    まず「この本を読んで「心に残った言葉」は何ですか?」という話し合い。

    yasは「Just do it!」…ん?

    そんなことこの本に書いてない気がするけど…まあいっか。


    カルナックさんは「余計なことをしなければ成功する」、深い。

    余計なことかどうかはその人次第。

    今自分がしていることは余計なことなのか?

    本当心持ち1つの話ですが、大事だなと思いました。


    わたくしは、「息をはけ、そしてすえ」です。

    本ではこんな文章ではありませんでしたが…。

    呼吸は大事です!(そんな内容はありません)


    議論が飛び交いまして第2の質問!

    「この本を読んで「何をどうアウトプット」しますか?」

    この本を通じてインプットのためにもアウトプットが大事と気づかされました。

    では、そのアウトプットは何をしていきますか?というもの。


    まつは最近、ブログを書いたりYoutubeに動画を上げたりしているのもあり、

    「ネットを通じて、自分の知識をアウトプット」です。

    カルナックさんは、ずっと昔からブログを続けているとの事で、

    すでにアウトプットの達人でした。

    引き続き世界に向けてアウトプットしていかれます!!

    3年続けば長い方という、まつにはカルナックさんは後光が見えました。

    yasは「思ったことを形にする、Just do it」です。


    …なんか最後の英語に関しては言いたいだけなんじゃないか?

    という疑惑もできてきましたが、こんな感じで、

    僕らはいっぱいアウトプットをしていきます!!

    そして、それがインプットにつながるのであると…。


    最後の質問は個人的に気になってた事をみんなで議論。

    「どうやったら1日10冊の本を読み、3日で1冊の本が書けるのか?」です。

    ぶっちゃけ無理だよね~なんて、軽く話をいていたら、

    仕事で遅れてきた、てつぽんが一言。

    「とりえず書く、さらっと読む」

    深い…。


    そんな感じで今回も…いや、今回はわたくしがファシリテーターのため、

    いつも以上にゆるい読書会となりました。


    色んな話が交わされるなかで、

    なんの流れなのか「俺たちの読書会 スピンオフ企画」が立ち上がりました。

    その企画は「読書した本を2分で紹介する動画」をYoutubeに上げること。

    何故か、まつは365冊という膨大な量を設定されたため、ひーひー言ってます。


    その他、「俺たちの読書会」チャンネルをYoutubeに作りましたので、

    いろんな人の読書会動画が上がると思います。



    まずは試しためしという感じですが、参加メンバーもどんどん動画上げてくださいね!!



    こんな楽しい「俺たちの読書会」は毎月第2火曜日に開催です。

    何故か今月は第3火曜でしたけど…第2火曜日。

    なので、次回開催は2月10日です!

    どなたでも気軽に参加してくださいね~!!


    気になる次回の課題本は、わたくしは全く本の知識がないため、

    次回のファシリテーターであるカルナックさんに選んでいただきます!!

    こうご期待!!

    わかっちゃいるけど本を読めない。

    そんな俺たちでも1ヶ月に1回、みんなで読むならきっと読める!


    「日本で一番ユルい読書会」改め、
    「俺たちの読書会」
    第3回は『33歳からのルール』の著者小倉広氏の「33歳からの仕事のルール」を課題本に話し合いました。

    レポートは前回までのテツポンに代わり今回のファシリテーターをつとめたyasが送ります!

    2014年12月9日 19:00〜
    課題本 : 小倉広 著 33歳からの仕事のルール




    本著は、仕事、家族そして人生においてたくさんの岐路に立たされているであろう33歳へ
    アドバイスを記した
    前著「33歳からのルール」の続編、社会に出ておよそ10年になり
    責任あるポジションにある33歳へ仕事にポイントを絞ったアドバイスを記しています。



    さてさて、今回初のファシリテーターをつとめることになったわけですが、
    今回この本を読み進めてあることを思いました。

    全ての章は、第9章「夢とビジョン実現のルール」へつながるのではないか、ということです。
    つまりどのようにして夢とビジョン実現へ近づくアプローチをするのかということなんじゃないかと!
    全ての道はローマに通ず的な!!

    夢とビジョン…う~ん、考えてみれば将来やりたいことはあるけど、そこまでのステップを意識的に毎日着実に歩んでいるかというと…。
    メジャーリーグで活躍されているイチロー選手が小さいころから将来のことを意識していたという話は有名ですよね。そして数々の偉業をなしとげたのは言わずもがなですね!
    もちろんそれだけで偉大なプレイヤーになったわけではないと思いますが、今の自分という「点」と将来の自分という「点」、この二つの点を「線」で結びつける意識を持つことは成功への大きなファクターの一つだと思います!

    そんなわけで、

    今回の読書会は“点と点を線で結べる上質ナイスミドルになるのだ!!”
    をテーマに以下のメンバーで開催されました。

    ファシリテーター : Yas
    参加者 : カルナック、テツポン、イトー(敬称略)


    今回も約15分ごとのグループディスカッション、全体での発表。
    これらを3つのお題で行いました。



    お題は以下です。

    #1 印象に残った章はどこですか?

    #2 (課題本を読んでみて感じた)自分のプレゼンとの違い、どう吸収するか?

    #3 ビジョンに対してのアプローチ

    今回はどういうわけか「表出ろ」騒動や
    談合問題が発覚した前回とはうってかわって、
    各班ともお行儀よくディスカッションしていました!



    全体でも、各班とても興味深い発表が多かったように感じます。
    特に興味深かったのは#2に対する皆の考えです。

    そもそもなぜこのお題にしたのか。
    それは、点と点を線で結ぶためにはその過程で必ず何かのアウトプット、
    つまり意見や考え、行動など自分からアウトプットする必要があると考えたからです。
    調べたり、本を読んだりして得た知識を行動に移し、アクションを起こして始めて
    知識が活かされる。
    人に何かを伝えるとき、いかにしたら相手を不愉快させずに自分をアウトプットできるのか。
    上質なプレゼンテージョンの中にそのヒントがあるように思います。


    ガキ大将的存在の欠席のためか、はたまたほかに理由があるのか…?
    いずれにせよ、回を重ねるごとにディスカッションも洗練されていく印象です。
    イノベーションの源たりえる気づきや行動改革、他者の考え方、
    意見を聞いてもらうためのアウトプットの仕方などたくさんの収穫と課題を与えてくれました。
    上質。

    さて次回は1月20日(毎月第二火曜)の開催です。


    課題本は仕事術シリーズ第四弾。
    千田琢哉氏著「ボクのインプット&アウトプット法 1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く」に決定しました。





    「大量インプット&アウトプットの極意は、呼吸にあり」
    大量インプット&アウトプットをする人はそれを呼吸と同じだと考えているそうです。
    そしてポイントは「吐く」こと。
    つまり完全に吐き切ると自然と大量の息を吸うことができるように、
    出し惜しみせずアウトプットすることで大量のインプットができるようになるんだそうです。

    これは様々な場面で生かせそう!期待!!


    次回のファシリテーターはマツa.k.aマツです!
    果たして…。




    俺たちの読書会はメンバー大募集中です。
    ルールは簡単。課題本を読んで(・・・読まずとも)持参して毎月第二火曜に集まるだけ。
    そして毎月「実践すること」を決めるだけ。
    今のところ課題本は主にビジネス書を中心で、自分以外の人と意見、アイディアを聞いて話せることが醍醐味です。
    読書嫌いの方も読書好きの方も、ビジネスリーダーもビジネスビギナーも。
    色々な立場のみんなで盛り上がっていけたらと思います。

    ぜひぜひ一緒に本読んで自分自身をイノベーションしましょー!!


    お問い合わせは当ブログコンタクトまで。

    このページのトップヘ